読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今頃みんなはいい感じ

だって俺たちゃブログ世代

社会人が音楽をワンサゲインする話 vol.2

f:id:madaikiteiru:20170430001703j:plain

 
(画像は餃子男がピッチを操作している様子です)
 
かくしてAK-49を手に入れました。

 

 

 
1人で何かやるといってもそもそもヴォーカルでもない自分としては必然的にDTMに行き着く訳で。
 
DTMはざっくり知りつつも「めんどくさそう」と「お金がなかったから」という理由からはぐらかして来た存在です。
しかし今は状況が状況なので覚悟を決めて挑みます。
 
まずネットで「DTM おすすめ MIDIキーボード」と打ち込みます。
この情報時代、まず楽器に屋に行く前にネットで下調べです。
 
とりあえず調べるとどのサイトでも入門機と言われているのがざっと5種類くらいだということがわかります。
安定志向の私としては一番重視する要素は「一番定番ぽい物をチョイスしたい」です。
我ながらつまらない男ですが仕方がないのです。
 
3日くらい悩んだ結果、最終的に「なんかみんなこれかってるらしいし、SONARついてるし、49鍵盤もあればピアノの練習になるんじゃないか」という素人考えからAK-49をチョイスします。
 
元々エフェクターはBOSS贔屓で、アンプはジャズコでお世話になってばっかりだった自分としてはローランドに行き着くのは本能なのです。
 
この時点で今までの経験からまぁ、それなりにいいチョイスだろうし、それなりに不満も出るんだろうな、くらいの気持ちではあります。
しかし多少の検討の後、サラッとで買ってしまうくらいの勢いがこの歳になると大事だと私は考えます。
悩めば悩むほど「欲しいが実生活に必要ではないかもしれない」という雑念が沸くからです。
後、注文したあとは他の情報を遮断するのもコツな気がします。自分が買った物こそがベストチョイスというゆるぎない覚悟を手に入れる為です。
 
 
勢いに身を任せた結果、翌日には届くAK-49。
とても便利な時代です。
 
感想としては
「うん、黒くてでかいな」
です。
 
もはやニューギアーを手に入れたことに対してこんなにも興奮がない自分はもう終っているんじゃないだろうか、と思いつつ粛々とセッティングをします。
 
 
実際ここが第一の難関かもしれません。
なんとなくの使い方、音の出し方が分かるまでが結構かかります。
 
ギターの場合はまったく弾けずとも、初めて触れた瞬間に「ああ、これが、俺の、音!弾けてないけど!」みたいな感動が有ります。
しかしDTMの場合は
 
1分くらい触る
SONAR ○○ やり方」で検索する
1分くらい触る
SONAR  ○○ やり方」で検索する
1分くらい触る
「あー,なるほどね・・・」
以下ループ
 
という工程が続きます。
そしてこれを5セットくらい繰り返すと大体眠くなります。
 
そして二小節くらしか出来てないトラックを保存せずに寝る。
 
という日々が続くのです。
 
これに関しては自分の根気がない、というのが全てです。
自分が15歳くらいだったら「ウホー!わからないけどわからないなりに楽しいウホー!」みたいなテンションでバキバキ覚えていけたかもしれません。
 
しかし今や私のやる気メーターは風前の灯。
「うむ、今日は小節の表示を変える方法が分かったから寝よう。明日も仕事だしな」
と日々トラックを作っては消し、作っては消し、という状況が続くのでした。