今頃みんなはいい感じ

だって俺たちゃブログ世代

今改めて「桐島、部活やめるってよ」に思うことと日々の反省

最近、自分のようなオタクは「好きな物を迫害されること」に対して人一番敏感だった癖に、「趣味がない」ということに対しては冷たい眼差しを持ってしまっているな、と思うことがあったので。

そのことについて考えてたら「桐島、部活やめるってよ」についても今あらためて思うことがあったので書き残しておきます。

 

基本がオタク

まず初めに。

僕は子どもの頃からオタク気質だったので、基本的に「何かしたいことがない」という経験がありませんでした。

漫画、音楽、映画とか、常に何かしら趣味がある人生を送ってきました。

とは言えそういったオタク趣味に負い目があったので子どもの頃はひた隠しにしていたし、逆に大学の頃になるとそれが心の支えにもなっていたタイプです。

 

 

桐島、部活やめるってよ」という映画があります。

スクールカーストや学生時代、誰もが持っていたであろうモヤモヤ。

持ってる奴と持ってない奴の悲哀を描いた大名作映画です。

(以下若干ネタバレを含みます)

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

 

 この映画の主人公、神木隆之介くんは映画オタクの少年です。

しかしオタクゆえにスクルーカーストでは下位に属しています。

 

対して、もう1人の主人公が東出昌大くん演じるヒロキです。

(彼はもう自分の中でヒロキという独立した人間なのであえて「ヒロキ」と呼びます)

 

俺達のヒロキ

ヒロキは運動も勉強も出来、彼女もいて、スクールカーストの最上位にいます。

しかし彼は特に夢中になるものが見つからず、何もしない放課後を過ごしています。

 

そんな彼が、神木くんの「よくわからないけど映画が好き」というピュアな強さに触れた時、自分の空洞に気づき新たな一歩を踏み出す。

というのがこの映画のハイライトです。

(真のハイライトはラストシーンなのですが、最高のなので是非見てみてください)

 

僕はこの映画を上京が決まったタイミングで見ました。

これからイケてる街、東京でイケてる奴らとイケてない自分はやっているけるだろうか・・・。

という不安を抱いていた時期だったので、この「桐島」で描かれる「自分の好きを持ってる奴こそが持っている奴」という描写には非常に励まされたものでした。

 

 

しかしトモヒロのことも考えたい

しかし改めて考えたいのはこの映画で一番悲惨に描かれている人物、トモヒロです。

 

ヒロキと同じリア充グループの友人、トモヒロ。

彼も特に何もしない放課後を過ごしている一人で、友達とダラダラ過ごす時間や、遊びでやるバスケを楽しいんでいます。

 

彼は彼なり友達や放課後の時間が好きなのだろうけど、その好きはどれにも届かない程度の好きです。

ヒロキはそのことに違和感や虚しさを感じていましたが、彼にはそういう感覚がありません。

結果彼はヒロキの近くにいながらも物語の輪の中に全く入ることなく終わってしまいました。

これは確実に何もない人の悲哀を描いている気がします。

 

桐島、部活やめるってよ」は学校のパワーバランスを俯瞰で描いているように見えて、やはり「好きな物を持っている人間」に対して温かい眼差しで描かれてる作品です。

同時にあの世界ではトモヒロのような人間は空虚さの象徴になってしまいます。

正直に言えばオタク側の自分としては「あいつは高校時代イケてるとしてもああはなりたくない。好きな物がない人ていうのはなんて悲しいんだ」と爽快感すら感じたものです。

 

今あらためて思うこと

しかし最近は、そんなこともないんだろうな、と思えるようになって来ました。

みんなそれぞれの尺度の幸せや楽しみが当然あります。

趣味への行持は自分自身の心を成り立たせるたものであって、人に振り払うものではない。と頭ではなく心で理解できたのです。

 

 

なので自分みたいなめんどくさいオタクが気づかず行いがちな「趣味ハラスメント」「趣味マウンティング」には本当に気をつけたい。

裏で絶対何か言われいる。

(この「裏で絶対何か言われいる」とかすぐ思うあたり「桐島」の世界から脱せていないような気もする)

 

「桐島」についてはそういうのも含めて「思春期の頃のそう思わなくちゃやっていられなかったあの感じ」をとてもうまく描いているので、やっぱりあらためて大名作だと思います。

 

昔はなかった目線でこの作品の世界について考えられる、というのは自分が変わった証拠。ということで書き記しておきました。

 

正直二週間後ぐらいにはダークサイドに堕ちて全く違うこと思っている可能性もある。

おしまい。

「名探偵ピカチュウ」感想

f:id:madaikiteiru:20190515202937j:plain

名探偵ピカチュウ

(あらすじ)

世界的人気を誇る日本発のゲーム「ポケットモンスター」シリーズの「名探偵ピカチュウ」をハリウッドで実写映画化。子どもの頃にポケモンが大好きだった青年ティムは、ポケモンにまつわる事件の捜査へ向かった父ハリーが家に戻らなかったことをきっかけに、ポケモンを遠ざけるように。ある日、ハリーの同僚だったヨシダ警部から、ハリーが事故で亡くなったとの知らせが入る。父の荷物を整理するため、人間とポケモンが共存する街ライムシティへ向かったティムは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す“名探偵ピカチュウ”と出会う。かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、ハリーがまだ生きていると確信しており……(以上、映画.comより)

 

 

ポケモン知らないで行ったのですがライアン・レイノルズは知ってたので非常に楽しかったです。

ピカチュウがかわいいだけの映画」と言われがちですが、「ポケモンずっと大好き」「ポケモンの世界に行きたい」「ポケモンずっと一緒だよ」と思ってる大人達があれだけ劇場に来てることを考えるとあの終盤の展開も中々にメタ的な・・・とか思ったけど多分そんなことはないでしょう。


あとピカチュウが濡れた時に「こいつもこんな顔して結構獣臭いんだろうな」と思えたのが良かったです。

 

ポケモンの質感が素晴らしく、特にフシギダネが動いた時に見せるなんか硬めのゼリーみたいな弾力感は素晴らしいので是非劇場の画面で堪能してください。

f:id:madaikiteiru:20190515203546j:plain

 

最後に余談ですがこの動画のサムネになってるバリヤードというポケモン

実写化したことによって亜人感というか、ホラー映画で改造された人間の成れの果てみたいでかなり怖かったです。

こいつが戦った時血とか流したり人間だった時の記憶を思い出したりすると思うともう・・・・。

youtu.be

 

あと世界のケン・ワタナベはゴジラと同じで意味深な顔で「ポゥケムゥン・・・」とつぶやくだけかと思ったらそうでもなかった。が大筋ではそんな感じだった。

おしまい。

2019年3月の楽しかったこと【ハムスターの息子に産まれて良かった】

単なる日記です。

文字ばっかりです。

 

2019年の3月ころ、日々ツイッターで見てたのがハムスターの息子にうまれて良かったさん(以下、ハ息子さん)のアカウントでした。

twitter.com

 

ある日、ツイッターを見ていたらミスid関連のリツイートでその存在を知りました。

 

ミスidというのは講談社が主催するコンテストで

新しい時代にふさわしい価値観やスタイルを持った女の子を発掘し、育て、従来の芸能的枠組みに縛られず、その人にあったスタイルで世に出そうというネオガール・オーディション「ミスiD」。

というものだそうです。

 

そもそも自分はアイドルにそんなに興味があった訳でもないので、ざっくり「アイドルになりたい人コンテスト」くらいの印象をもっていました。

 

アイドル市場に関して誤解を恐れずに言えば、最近テクノロジーが進化した結果、画像上でかわいくなることが容易になり、その分キャラで差別化をはかることが重要になった結果、見た目がいい奇人変人(天然、養殖含む)があふれる市場になったな、というのが素直な印象です。

 

そんな中、ミスid2020のプレエントリーにすごいのが現れた、みたいなツイートで彼女の存在を知ったのですが、普段だったら「またまたそういうあざといのは・・・」くらいに思うのですが、彼女の持つ個性、

というかそもそもの質感からして他の人と違うので、非常に目を引きました。

 

その時初めてミスidのランキングを見たのですが、当然かわいい、アイドルになりそうな感じの女の子が並んでいます。

その中に混じっているハ息子さんは、美少女アニメのキャラの中に1人伊藤潤二の画風のキャラが混ざっているような強烈なインパクト、違和感が有りました。

 

その辺のニュアンスに関しては実際に見てみればわかると思います。

言葉にしづらい。

cheerz.cz

 


アイドルになりたい人の個性にも色々あると思うですが、そもそもこの人はそういうフォーマットでやっていないことが伝わってきます。

(その上で容姿が美しいというのが最高の武器になってるとは思います、端的にいえばかわいい)

 

調べるとどうやら彼女は芸術家?

(ご本人的にどういう肩書にしているのかわからない為)

でミスidの本来の趣旨である

新しい時代にふさわしい価値観やスタイルを持った女の子を発掘し、育て、従来の芸能的枠組みに縛られず、その人にあったスタイルで世に出そうというネオガール・オーディション「ミスiD」。

ならば自分も当てはまるだろう、とエントリーしたとのこと。

 

この辺のひっかきまわしてやろう精神が、ただのはねっかえりだけではなく、素直な心から出た戦略性を感じる部分もとても素敵だと思いました。

 

結果、彼女の強烈な個性は一部で話題を呼び、本来ミスidに興味がなかった層を多く呼び込んでいました。

事実彼女は僕がランキングを見た時ランキングの2位にいたし。

 

自分もその日以来ランキングを毎日見てしまったし、正直アプリをとって日々彼女にポイントをぶっ込んでみたりもした。

(ああいう人は奇人変人になりきれなかった人達の願望や怨念みたいなのが集まって大変そうだな、ていうか自分がそうだな、と思って少しつらくなったりもした)

(自分にとっては阿部共実作品へのスタンスに近い)

 


 

彼女はやはり得意な個性や奇行が目立つ、というかどうしたって武器になってしまうのですが、

それ以上に自分の絵でどうにかしてやろう、というスタンス、というかそこにある若干のゆらぎみたいな物にパンクとエモを感じました。

 

芸術とか絵とか、正直よくわからないのですが、この時初めて「芸術をやってる人」がどういうことを考えてるのか、みたいなことに思いがいった気がします。

(これは自分にとってとてもいい経験だった気がします)

 

彼女は非常に個人的な悩みだったり、事情を普通にSNSに書きます。

結果自然と生い立ちや人となりを知り、その上で作品を見ることで、より何かを感じる、という経験が出来ました。

造り手込みで作品を知れる、というは絵も音楽や映画とかと同じなんだな、という当たり前なことに気づけたし。

 

と書くと凄い高尚な感じがしますが、実際は彼女の奇行や下ネタをワーワー楽しんでいた部分もあります。

てか大体そうかもしれない。

 

とりあえずあの期間はなんか楽しかった。

巻き込まれるていうのはいいこと。

 


 

 

最終的なランキングの結果や過程がどう、というのは実はそんな重要じゃないと思うので省くのですが、

自分はこの一件に関して勝手に、今までそうじゃなかった人が自分という武器で大きい何かに向かっていく、というストーリーみたいな物を感じて、凄く青春だなと思いました。

ビームとかアフタヌーンの漫画をありそうな感じです。すごい陳腐な言い方だけど。

カリスマのある人間ていうのはその生き方も作品になりうるのかもしれません。

知らんけど。

 

まぁ、実際やってることは若い女の子のSNSを日々見てるという非常に気持ち悪い行動だし、まったくもってブログに書くことでもない気もするのだけど。

彼女の戦いはまだ続いてるし、こういうのが何かに波及すればいいなと思い、書いてみました。

 

ハムスターの息子に産まれて良かったさんをこれからもいい感じの距離で応援していこうと思います。

最後に彼女のプロフィール→https://t.co/tfSQ1J0VO4

 

おしまい。

「岬の兄妹」感想

職場から徒歩の場所にアップリンク渋谷があるのですが、何となく今までいく機会がありませんでした。 

しかし先日、仕事帰りに前を通ったら丁度気になっていた映画の上映10分前だったのでフラッと入ることに。

 

この時「凄い今の自分は東京に住むサブカルっぽい」と思い若干の気恥ずかしさを感じた。というのは本当どうでもいいのですが。

 

f:id:madaikiteiru:20190510140213j:plain

「岬の兄妹」

(あらすじ)
ある港町で自閉症の妹・真理子とふたり暮らしをしている良夫。仕事を解雇されて生活に困った良夫は真理子に売春をさせて生計を立てようとする。良夫は金銭のために男に妹の身体を斡旋する行為に罪の意識を感じながらも、これまで知ることがなかった妹の本当の喜びや悲しみに触れることで、複雑な心境にいたる。そんな中、妹の心と体には少しずつ変化が起き始め……。(以上、映画.comより)

 

 

ネットで話題になっていたのと、監督の片山慎三さんが大好きなポン・ジュノ監督の助監督を務めていた人ということで興味がありました。

それとこういうショッキングな作品を見ることで何か脳に変化があるかもしれないという期待があった気もします。 

 

ちなみにポン・ジュノ監督は韓国の映画監督でいい感じに「人間のいや〜な感じ」を描くのが凄く上手い人です。

片山慎三さんが助監督を務めた「母なる証明」は自分の中でもベスト級に食らった映画でとてもオススメしにくいけどオススメです。

母なる証明 [Blu-ray]

母なる証明 [Blu-ray]

 

 

で本編。

100%いや~な気持ちになるだろうな、いや、いっそのことそうしてくれ。という気持ちと共に見てみると、確かに人の嫌な所や生々しい瞬間ばかり。

 

所々笑い所もあるのですがそれが逆に人間て・・・いう感じにさせます。

 

そうした終始ああ、ああっ、ああ・・・という展開が続くのですが、映像はハッとさせられる美しさに溢れています。

 

電柱が並んだ田舎を兄妹が歩く姿や、口紅にまつわるシーン、なんならあの夏のプールのシーンも、描かれている自体は最悪だけど綺麗。

あの一瞬だけはあの兄妹の青春だったのかな、と。

 

この作品に関してネットでは「現実の貧困はこんなものでは〜」のような声が結構見受けられましたが、

話に一部現実的リアリティがないのも含め、そういう現実的問題提起というよりは最悪な生活の中の確かに美しかった瞬間、それに対する「あの瞬間は確かにきらめいていた」という感覚を描いた映画だと思う。

 

そういう雰囲気を許容できる人にはオススメです。

 

 

後日、Filmarksでこの映画の感想を見ていたら「鬱」「くらった」「不覚にも興奮してしまった」などが多かったのですが、

それを見た時痛感したのは「もう自分はそういう感性が失われつつあるんだな」ということでした。

 

「障害」「貧困」「売春」というテーマは、中高生の頃の自分だったら1週間は思い出しては鬱になっていたであろうもの。

またエロへの期待もあったはず。

自分の感受性の衰えというか、良くも悪くも大人になってしまったんだなーということを確認できました。

 

仕事帰りになんとも言えない気分で見に行き、よりなんとも言えない気分で劇場を後にしたのですが、記憶に残るいい映画体験でした。

 

 

 

 

余談なのですが、初めていったアップリンク渋谷は、本棚だらけのカフェのような空間にキャンプ用の椅子が並ぶ、というオシャレ空間ぶりにカルチャーショックを受けました。

 

f:id:madaikiteiru:20190510153317j:image

 

こんなの自分の田舎にはない。

そして「岬の兄妹」のようなミニシアター映画の平日上映回でも満席。

上映5分前には全員着座。上映開始と共に全員がシュバッと携帯をしまうという「俺達映画を見に来ている」というモチベーションの総意を感じ

「ここにいる全員と友達になりてぇ」

と思いました。

非常にいい体験だったのでこれからからはチョイチョイ足を運べたらと思います。

おしまい。

 

 

なんとなくブログを再開した理由

なんとなく2年ぶりにこのブログを使ってみようと思いました。

以前の記事はあらかた消してしまったのだけど。

 

理由は

・時間が出来た

・なんか人と関わりができるようなツールを増やしたかった

・映画の感想を書きたくなった

・やっぱブログが好き

ていう感じです。

 

この中の

・やっぱブログが好き

という項目に関しては最近観音クリエイションさんのブログ

kannnonn.com

を読んだのが凄くでかいです。

 

以前から不可思議wonderboyのトラックとかで存在は知っていたのですが、まさかこんな有名ブロガーだったとは。

嫌味なくクオリティ高い生活を楽しんでる様子を伝えてるのがとてもいいなーと思いました。

 

自分がブログていいなて思うのは人の生活が見える部分で、おすすめ商品だったりおもしろ体験もいいのですがやっぱりブログの醍醐味て会ったことない人でも長年の知人のように人となりを知れることだと思うんですよね。

まぁ、言い換えると覗き趣味みたいなものなんですが。

 

クオリティの高い生活をしているの人の思考を覗くことで僕はポジティブな気持ちで生活にのぞめるのでこれはプラスなのです。

 

 

事実、観音クリエイションさんのブログを読んで数日はチャレンジ精神が高まり、若干のQOLの上昇を感じる事ができました。

事実ブログも久しぶりに書いてるし。

 

まぁ、そんな訳でたまにブログを書いて少しは暮らしが豊かになればなーと思っています。

 

ちなみに観音クリエイションのブログはとあるブログが紹介していて知ったのだけど、案外いいブログを紹介する記事って少ない気がする。

いい感じのブログまとめ、あったら教えてください。

アベンジャーズ「エンドゲーム」のネタバレしてない感想

       f:id:madaikiteiru:20190506231652j:plain

 

 

マーベル全作品を見終え、満を持して臨んだ最終章。

あのまさに「俺達はこれを見に来たんだ!」というラストシーンで
話しながらスクリーン前を横切っていくおばさんが現れるわ、

隣の人が食べログで餃子を検索し出すわで大変だった。

図らずもサノスの正しさが証明されていました。

これから見る人はくれぐれも私もみたいな悲しい体験をしないよう、
人がなるべく少ない映画館にするか、
遅い時間のファンしかいないような映画館を選んで見に行ってください。



内容がどうだったかについては、

映画単体への評価じゃなく、

シリーズすべて、

そしてマーベルシリーズと過ごしてきた時間への評価なので

最高の映画をありがとうマーベル、これからもよろしくって気持ちしかない。

 

途中からではあったけど21作品あるシリーズを

リアルタイムで追えたことも、

最終作を映画館に見に行けたことも凄い幸福です。

 

上の世代にとってのスターウォーズガンダムがそうであったように

いつか「エンドゲームを公開当時見に行った」

と言える作品に出会えたことに感謝。